貸切バスの利用はマナーを守ることが大切

貸切バスを利用するときに危険行為は避けるべきですが、1番手に挙げられるのが窓から手を出さないことです。これは誰でも分かることですが、調子に乗ったり好奇心から、手を出してしまう人が現れる可能性は確実にあることです。手を出したらとんでもない大怪我に繋がってしまうことがあります。そうすると楽しい旅行などのイベントも台無しになってしまうでしょう。だから事前にバスの窓からは絶対に手を出さないという話は徹底して、注意し合うようにすべきです。

バスの中でよくある危険行為としては、運転中に出歩いてしまうことです。バスは高速で走っていますから、急停車したりカーブを曲がるとき、遠心力によって乗客の体が動かされたり、投げ出されるといったことはしばしばです。

そんな時に出歩いていることは、確実に怪我をすることに繋がってしまいます。確かに貸切バスに乗っていると、席替えをしたり別の席の人と話したくなることもあるでしょう。でもそこは安全のために我慢をするよう、乗車時には注意を怠らないようにしましょう。

安全対策という意味では、貸切バスに乗車している乗客のシートベルトの着用は大切なことです。バスは急ブレーキをかけることがあり、そうすると座席に座っているときに前方の座席にぶつかって、怪我をするといったことも考えられます。

シートベルトをしていることで確実に怪我の防止につながり、安全性を確保できるのです。座席に座った乗客が確実にシートベルトを着用したかは、貸切バスに乗った時、リーダーがチェックすべきポイントになるでしょう。

貸切バスに乗る時に大切なことは、座席に座るマナーだけではありません。例えばバスの中を散らかさないことも、安全に直結する大切なことです。モノやゴミをバスの下に散らかすことで、滑ったり転んだりする可能性が高くなります。自分の出したゴミのせいで、誰かが転んでしまったら罪悪感を持つしかないでしょう。自分自身のためにも、周囲の人のためにも、バスの中を散らかさないことが大切だということです。もし散らかっていたら、自分のものではなくてもさり気なく回収するようにすべきでしょう。

集合時間に遅れることは、いつもどこでも歓迎されないことですが、貸切バスの利用時も同じです。1人が遅れることによって、全体の移動の時間までも遅れてしまうことになります。数分から10分程度なら問題ないとしても、30分や1時間以上も遅れてしまうと、その日の予定が変わってしまうこともあるでしょう。だから遅刻は絶対にないように、早めに集合場所に着くようにすべきです。また、遅刻するというときには、電話連絡を徹底することも伝えましょう。