貸切バスの車種はいろいろある!利用用途で選ぼう

皆さんは「貸切バス」というサービスをご存じでしょうか。貸切バスとはその名の通り、バス1台をまるごと借りる事ができるサービスです。当然、運転手さんはバス会社から派遣されます。貸切バスを利用すれば、大人数が同時に目的地まで移動でき、かつ移動時間の車内でとても快適に過ごす事ができます。そんな便利な貸切バスですが、一言で「バス」と言っても様々な車種があります。幹事さんは利用用途に応じて、バスの車種を選ぶようにしましょう。

貸切バスの車種の一つに、「小型バス」があります。小型バスは全長が7mあり、車幅は2mです。定員は11名~24名で、正席は20席あります。21~24名程度での利用に最適な小型バスですが、一つ重大な注意点があります。実は各バスメーカーは現在、小型バスの生産を終了しているのです。そのため小型バスを所持しているバス会社も年々減っていますから、小型バスを利用したい場合には事前にバス会社に問い合わせましょう。

なお現在では、同じ利用用途を「マイクロバス」が引き継いでいます。小型バスの利用用途を引き継いだ車種が「マイクロバス」です。マイクロバスは中型自動車に分類され、定員は11名~27名です。利用人数が20名を超える場合には、補助席を取り付ける事になります。

マイクロバスの特徴は何と言っても、リーズナブルに利用できる事にあります。短距離の移動や送迎にとても便利です。ただトランクルームが無いため、荷物が多い場合には工夫が必要になります。利用人数が少なければ、座席を倒すなどして荷物の保管スペースを確保する事が可能です。

貸切バスの車種の中でちょうど中間の大きさのものが「中型バス」です。中型バスは全長が9m、車幅は2.5mあります。座席シートは5列のものと6列のものがあり、5列ならば正席20席、6列ならば正席25席です。補助席を利用すれば利用人数を増やせる中型バスですが、多くのバス会社は中型バスに補助席を取り付けていません。補助席を利用したい場合には、事前にバス会社に問い合わせましょう。ただ、定員が30名を超えると高速道路において特大料金が適用されてしまいます。中型バスの利用は27名程度までと考えた方が良いでしょう。

貸切バスの中で最も大きなものが「大型バス」です。さらに大きな「大型ロング」もあります。大型バスは全長10m、車幅は2.5mです。正席が45席、補助席が8~10席あるので、最大55名の利用が可能です。これが大型ロングになると、全長が11mに伸び座席も正席49席、補助席11席と増えます。大型ロングならば、最大60名の利用が可能です。車内空間もトランクルームも非常に広い大型バスですが、長時間の移動を考えると少し車内を窮屈に感じるかも知れません。貸切バスの利用にあたっては「最優先事項は何か」を常に考えるようにしましょう。