貸切バスを利用するなら!知っておきたい車種について

貸切バスを利用すると、旅行参加者全員がはぐれる事なく目的地まで移動する事が可能になります。大人数で公共交通機関を利用するとどうしても誰かがはぐれるリスクがありますから、その点で貸切バスは非常に魅力的です。一言で「貸切バス」と言っても、実は様々な車種があります。幹事さんはその利用用途や利用人数に合わせて、最適な貸切バスを選択したいものです。以下で、貸切バスを利用する際に知っておきたい車種について順に見ていきましょう。

貸切バスの車種の中で最も小型なものが「ミニバス」です。別名を「ジャンボタクシー」または「コミューター」と言います。ミニバスは定員が13名までと比較的少人数での移動に適しています。そのため貸切バスを利用したいけれど利用人数がそれほど多くない、とお悩みの方にすすめの車種です。日帰り旅行や簡単な送迎にとてもリーズナブルに利用できます。またバス会社によっては、車いすでの利用が可能な福祉車両型のミニバスもあります。

小型バスは、一般的に「バス」と認識される車両の中でも小型の車種です。全長が7m、車幅が2mのバス車両が該当します。定員は11名~25名で、座席シートは5列、正席は20席です。小型バスを利用するにあたっては、一つ極めて重要な注意点があります。

実は小型バスは現在、各バスメーカーでの生産が打ち切られているのです。そのため小型バスを所持するバス会社も年々減っています。小型バスの利用を希望するならば、あらかじめバス会社に問い合わせた方が安心でしょう。

中型バスは、貸切バスの中で小型バスと大型バスの中間の大きさになります。全長が9m、車幅が2.5mのバス車両が該当し、座席シートが5列のものは正席20席、6列のものは正席25席です。補助席を利用すればもっと利用人数を増やせる中型バスですが、多くのバス会社は中型バスに補助席を付けません。

何故かと言うと、補助席を付けて定員が30名を超えた場合、高速道路では特大料金が適用されてしまうからです。バス会社はその分の利用料金上乗せを嫌がり、多くの場合に中型バスに補助席を付けません。補助席を利用したい場合には、事前にバス会社に問い合わせましょう。

貸切バスの中で最も大型の車種が「大型バス」です。「大型ロング」と呼ばれる車種もあります。大型バスの場合、全長は10mで正席が45席、補助席が8~10席となり最大55名の利用が可能です。これが大型ロングになると、全長は11mで正席が49席、補助席が11席となり最大60名の利用が可能です。車内空間もトランクルームも広い大型バスですが、長時間の移動に利用すると少し窮屈さを感じるかも知れません。貸切バスの利用にあたっては、「何を最優先事項とするか」をよく考えた上で、利用する車種を選びましょう。