ミニバス~大型バスまで!貸切バスの特徴について

「貸切バス」と一言で言っても、その車種には様々なものがあります。例えば「ミニバス」という車種があります。ミニバスは別名「ジャンボタクシー」、「コミューター」と呼ばれ、定員は13名までです。貸切バスを利用したいけれどマイクロバスは大きすぎる、というニーズにぴったりのサイズです。

非常にリーズナブルに利用できるため、日帰り旅行や送迎に便利です。また、バス会社によっては車いすでの利用が可能な福祉車両もあります。どんなミニバスがあるのか、事前にバス会社に問い合わせてみましょう。

小型の貸切バスとしては、「小型バス」と「マイクロバス」があります。現在小型バスの新規生産はありませんから、小型の貸切バスを使用したい場合には「マイクロバス」がすすめです。マイクロバスは中型自動車に分類され、定員は11名から26名です。

一般的なマイクロバスは、3人掛け6列の座席シートで正席20席、補助席6席になります。マイクロバスにはトランクルームがありませんが、座席を倒すなどすれば荷物の保管スペースを確保する事は可能です。短距離の移動や送迎にすすめです。

「中型バス」はその名の通り中型の貸切バスです。中型バスの全長は9m、車幅は2.5mです。座席シートには2種類あり、正席25席のものと正席20席のものがあります。補助席を利用すれば利用人数を増やせる中型バスですが、補助席を利用する場合には事前にバス会社に問い合わせましょう。と言うのも、補助席を付けて定員が30名を超えてしまうと、高速道路において特大料金が適用されてしまうのです。そのため多くのバス会社は中型バスに補助席を付けていませんから、事前の問い合わせが必要なのです。

貸切バスの中でも最も大型の車種が「大型バス」そして「大型ロング」です。大型バスの場合、全長は10mで正席45席、補助席8~10席です。つまり大型バスは最大で、55名での利用が可能です。

これが大型ロングになると、全長が11mに伸びて座席数も正席49席、補助席11席と増えます。大型ロングならば最大、なんと60名での利用が可能です。車内空間もトランクルームも非常に広い大型バスですが、大人数での長時間の移動に利用すると少し窮屈に感じるかも知れません。

以上のように、貸切バスの車種には様々なものがあり、それぞれに特徴があります。幹事さんは「貸切バス利用時の最優先事項は何か」をよく考え、利用用途に合わせた車種を選ぶようにしましょう。

またバスの車種を選ぶ際には、幹事さんとバス会社の担当者が綿密に打ち合わせをする必要があります。バスについては当然バス会社の人の方が詳しいですから、分からない事があれば遠慮なく担当者に質問・相談しましょう。利用する側のニーズを詳細に余す事なく伝える事で、理想的な利用プランが実現するのです。